line-s
06.21

そもそも山登りなんてアタシの趣味じゃないしぃ。
オトーが絶対行くって聞かないから嫌々ついて来てるだけだしぃ。

わざわざしんどいメする意味が分かんないしぃ。
汗でベタベタだしぃ着替えられないしぃ風呂にも入れないしぃ。

夕飯のカレーははクソまずいしぃ。
売ってる水の値段はクソ高いしぃ。
トイレも有料だしぃ。

山小屋は狭いしカビ臭いしぃ。
よその人がガサゴソうるさいしぃ。
そもそも知らないオッサンが横に寝てるなんてシンジラレナイ。

ご来光なんて興味ないしぃ。早起き苦手だしぃ。
そもそも太陽なんて毎日登ってるジャン。

あーぁ。
富士登山なんかよりディズニーランド行きたかったなぁ。
もーチョベリバ。



金を使って、気を使って、体力つかって、
文句たらたら言われたらたまったもんじゃない。
年頃の娘なんてのはたぶんこんなもんだろう。

それゆえ娘がまだ幼いうちにと思い、今年の夏富士山に行くことにした。

次女小学5年生。
まだ面と向かって文句は言わないだろう。

・・・たぶん。



スポンサーサイト
line-s
06.19

待ちでふと見つけたから写真に撮った。

社名

このデザインいいのかなぁ。
やばい気がするんだけど。

ついでに、株式会社○○とか○○コーポレーションとかでなく、
○○エンタープライズでしょ。そこは。


line-s
06.16

奈良マラソンも落選した。

そもそも抽選ではない。先着順。
5000人の枠をネット上でエントリーする。

「混みあっています。しばらくおまちください」なんて画面にしたがって律儀に待っていたら、
30分位で募集締め切りとの文字が表示された。

なんの戦略もなくエントリーできるものでもなかったみたい。
それは仕方ないことなのだが、そんなにマラソン人口って多いのだろうか?

走ることは決して楽しいことではない。
つらいしストイックなことだし華やかでもないし。
個人競技だし膝とかの故障もあり得るし。

ダイエット目的ならフルを走る必要もないだろう。
一時期のブームなのだろうか。すぐに飽きられてしまうのだろうか。


line-s
06.15

availble = 利用できます

ネットで調べるともっといろんな意味で使えて便利な単語だと言う。
さっそく得た知識をひけらかしたくなったが、
ネットに載ってたものをネットに載せても仕方がない。

最近は英単語の発音を音声で教えてくれる。
便利な世の中になったものだ。
発音記号が読めなくても勉強がはかどる。

はかどると言ってもおっさん脳なのでなかなか覚えられない。
覚えたつもりでも次の日にはさっぱり忘れていたりする。
やはり若いうちにやっとけばよかった。

そうも言ってられないのでこのavailbleを何とかして覚えなくてはならない。
そのため、音声で、availble、availble、availble、と繰り返しきいていら、
「あっ!べらぼう」に聞こえてきた。

「availble」は耳慣れないが「べらぼう」なら落語で聞いたことがある。
そのため「availble」の方もなんだか身近に感じられてきた。
良い傾向だ。

さて今度は「利用できます」と言う意味を「べらぼう」にくっつけたいんだけど、
なかなか接点がない。
江戸っ子が利用できるものってなんだろう?
火事に喧嘩に中っ腹、茶店錦絵。いずれもピンとこない。



・・・うーーむ。


こんな事考えてるより反復練習してる方がいいのかも。


line-s
06.14

ジョギングを再開した。

5月は膀胱がんのため走る気にならなかった。
心拍数が上がるとがん細胞が体中を駆け巡るような気がした。

手術を終え、普通の生活に戻るとウエスト周りが気になり始めた。
例えば落ちてるものを拾おうとするとお腹が邪魔になる。
とは言っても邪魔になって拾えないわけではない。
以前にはなかった邪魔な感覚があるだけ。一応。


で、ジョギングのモチベーション維持のために、
大阪マラソンにエントリーしていたのだが、落選のメールが入った。

このタイミングで落選かよ。
モチベーション下がるわ。

大阪タ〇ね
なんて書いても何の意味もならないし。時事ネタには遅すぎる。
大阪よ、来年よろしくね。タ〇なないでね。

コチラもまだタ〇ぬ予定はないのだから。


line
プロフィール

凡風

Author:凡風
小学生2児の父親(2014現在)
禁煙後のダイエットに励んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
訪問者
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
back-to-top