line-s
04.28

存在するブンにはマッタクかまわないんだけど、
わざわざ買ってきてまで食べたくないものランキング。

3位 明太子
2位 カレー
そして1位 納豆

さすがに納豆はなぁ。



・・・あぁ言葉足らずだった。

正確には、
「存在するブンにはマッタクかまわないんだけど、
わざわざ買ってきてまで食べたくないふりかけランキング」
でした。


スポンサーサイト
line-s
04.27

昨日の話のつづき。

「前提」から「前庭」を連想。
そして「前庭」の反対は「裏庭」と思うケド、
片方は音読みで片方は訓読み。

なんだか統一感がなくてヘンな感じ。
ネットで調べると「前庭」に対義語は無いっぽい。


まあいいのだ。
ワガヤには前庭も裏庭もないし。

職場の植木を剪定するくらい。


特にオチも意味もない話でした。



line-s
04.26

台形の面積の求め方。
小5の娘はまだ公式を習っていないとの話からの展開。

(上底+下底)×高さ÷2

それはそれでいいんだけど、
「上底」なんて台形のときしか使わない言葉。
日常会話には絶対出てこない。

そもそも「上」の「底」ってなんやねん。
「底」は「底」であって上も下もないと思うんだけど。

今ではもっとまともな言い回しをしているのかと中2の長女に訊ねると、
「上底足す・・・」と。
今でも「上底」は「上底」みたい。

で、それを「上底」と呼ぶからには、台形はあの形で置かなければならない事になる。
長い方「下底」を下に、短い「上底」を上に。
いわゆる「座りの良い形」ということだろうか。

斜辺を下にしても台形は台形のはずだし、
短い方「上底」を下にしても台形は台形。
それなのに「座りの良い形」で置くことに決められている。
そういう前提で話が進められている。

そもそも、「台形」でいいのか?
小生にとっての台の形のイメージはこれ。

ダイ

のぼり階段が付いているイメージ。

勝手に富士山のような形を「台形」だと決めつけられても困る。
「自由に台形をイメージする」権利の侵害に抵触するかもしれない。


で、台形の面積の話から、平行四辺形とひし形を思い出した。
面積を求める公式は思い出す事が出来たが、ふと疑問がわいた。

ひし形は平行四辺形の一種?

娘達に訊ねたところ、長女はYES。次女はNOだった。

長女曰く、平行四辺形の定義に合致するからだそうな。

次女はカタチの成り立ちが違うと説いた。
正方形を潰したのがひし形で、長方形を潰したのが平行四辺形。
学校でそう習ったとのこと。
もともとのカタチが違うので同じではないのだそうな。

・・・そういう前提もあるのね。

どっちが正解かは別として、次女説も一理ある気がする。
学校で習ったことが確実な前提なのだろう。
たしかにテストでひし形の事を平行四辺形と答えると不正解だろう。

また次女の間違いを論破し諭す必要もない。
平和な家庭というものはやはりそんな前提で出来ていると思う。


さて、問題。
平行四辺形は台形の一種?



小生にとってはどっちでもいいケド。

平行四辺形の面積をわざわざ「上底足す下底・・・」なんて、
メンドクサイ事したくないなぁ。



line-s
04.25

靴に穴が開いた。
前のランニングシューズも同じところが破れた。

靴穴

歩くブンにも走るブンにも問題ないのだが、みすぼらしい。

ちょっと気になっていたところに、妻が何か言いだした。
どうやらオットに穴のあいた靴を履かせているのは、
オクサンとしての資質を問われるということみたい。

よく分からんリクツだし、そもそも真面目に聞きもしていないのだが、
どうやら、靴を買いかえることに合意をえたようだ。


そういうわけでさっそくポチッとやっちゃった。
だって、欲しかった靴がアマゾンで15%OFFだったんだもん。
あぁ、届くのが待ちどーしい。

血尿が出てからジョギングをやめてたケド、
届いたら再開しようかなぁ。


line-s
04.24

血尿が出た。
ジョギングの後の話ではない。

普段の小便の時。
普通色の尿が出た後、最後の最後にチョロっと赤いのが出る。
小便した時には毎回必ず。

まったく痛みはない。
ホンのチョロっとだからしばらくすれば治るかもとほっといたら、2週間過ぎても変化なし。

ネットで調べると恐い病気の可能性もある。
一度病院に行くことにした。
泌尿器科なんて行くのは初めて。

っで結果。
検尿したら確かに血が混ざっているとのこと。
しかし原因を調べようとしたら、入院して、痛いしんどいことさせられて、
結果よく分からないと言う事になる可能性が高いらしい。
その為、ヤバイやつを3つ検査しましょうとのこと。

そのヤバイやつとは、腎臓の病気・癌。
もう一つは忘れた。結石だったかしら?

今度5月に膀胱のエコー検査をするので、
当日は膀胱に70%尿をためて来院するように言われた。
それは構わない。尿を我慢するのは得意かもしれない。


で、その泌尿器科へ行った次の日からパッタリと血尿が止まってしまった。

ありゃりゃ?
なにか精神的な疾患で、病院に行った安心感から治癒してしまったとか?

そんなことあるのだろうか?
まあ折角のことなので次のエコー検査を受けることにしよう。


診察費6000円位とられた。
保険料3割負担とはこんなにかかるものなのか。
ちょっとイタイ。

妻に話したら家計から負担してくれた。
小生の小遣いもひと安心した。

6000円で買える、血を見ないですむ安心。
そんなものだろうかと思ってみた。

若くないという事実が現実的に感じられた。



line
プロフィール

凡風

Author:凡風
小学生2児の父親(2014現在)
禁煙後のダイエットに励んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
訪問者
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
back-to-top