fc2ブログ
line-s
10.06

特に話のネタもないので、
「禁酒 一週間」でネット検索した。

① さあ、2週間禁酒できたら・・・・
② 健診前のにわか禁酒は改善なし?
③ 禁酒効果は2週間で現れる!

以上、検索ヒットトップ3

って、あほか!
ぜんぜん1週間のワード関係ないじゃん。

なんだか1週間程度ではお話にならないと言われてるみたいだ。
大変気分が悪い。

せっかく1週間がんばっているのだから、
ちょっとくらい配慮してくれてもいいんじゃない?


昨日は仕事中にふと飲みたくなった。
強烈な欲求ではなく、何か忘れ物を思い出した感じ。
例えば、「最近TV見てないなぁ」みたいな感じ。

仕事中に飲みたくなるのはヤバイ気がするが、
それだけ禁酒を意識してない結果だろう。
リキまなくても生活できる体になってきたのだろうか?


「リキまなくても」で思い出したけど。
「大」が通常の固さに戻った。飲酒中は常にビチビチだった。
今日はちょっとリキんでひねり出した。

ビチビチのころは結構「大」問題だった。
電車で通勤しているので、車内でもよおすと大変。
液状だから穴を固く締めても流れ出そうで怖い。

急いでトイレに駆け込んでも、
男性用「大」は少ないので満室のときがある。
鍵部分の赤色を見ると生きた心地がしない。

回数も減った。
ビチビチの頃は朝4.5回は「大」をしてた。
今は1回。多くても2回。

禁酒1週間のメリットが「大」の固さというのはなんだか情けない気もするが、
まぁ何もないよりはいいだろう。


「大」の話で思い出したけど「気体」の方も変化があった。
匂いと回数について書こうかとおもったけど、
ちょっと汚い話が続くのでこの辺でやめておこう。


禁酒すると汚い話をしたくなるのだろうか?
まさかね。


2022禁酒VerⅢ7夜目通過。



スポンサーサイト



line-s
10.05

昨日は疲れたので帰り道で飲みたくなった。
ノンアルビールを用意してなかったのでちょっとヤバかった。
ビールよりもコーラの方が美味いと自分に言い聞かせて帰宅した。

6日目ともなると飲酒欲求が抑えられると思っていたがやはり飲みたくなるものだ。
まだたかが6日目ということだろうか?


たかが6日目なのだが、6日分の積み重ねがある。
昨日飲まずにいられたのもこの積み重ねのおかげ。
折角ここまで我慢したのだからもうちょっと我慢しようと。

また初日の苦しさをあじわうよりは我慢したほうがマシ。
そう思うと飲まずにいられた。


禁酒すると良い事がある。
寝付きが良くなるとか、痩せるとか、気持ちが前向きになるとか。

小生の場合は、

スクリーンショット (13)

国士無双
役満が出た。

役満と禁酒は関係ないように思えるが、嬉しいので禁酒のおかげにしておこう。

大三元・緑一色・四暗刻などは偶然できる可能性があるが、
国士無双は狙わないとできない。
狙いに行けるポジティブな気持ちははやり禁酒のおかげだろう。


まぁたかがPCゲームの麻雀なんだけどね。


禁酒も気持ちよくツモで上がりたいものだ。
ロンでもいいけど禁酒のロンてどんなん?


2022禁酒VerⅢ6夜目通過



line-s
10.03

禁酒の大敵。

空腹
怒り
寂しさ
疲れ

英語の頭文字を取って、HALTと言うらしい。

今回は怒り(angry)の話。
最近とても怒りっぽい。
オッサンになってしまったからだろうか?

禁酒の離脱症状で怒りっぽくなっている。
それを自覚してるからむしろ普段より心にブレーキがかかっている。
つまり普段はもっと怒ってるという事。

駅とか歩道で怒ることが多い。
前を歩く人がノロノロ歩いていたり、スマホ見てたり。

特にスマホを見ながら駅の階段を降りる人。
若い人に多い訳ではない。老若男女問わず結構頻繁に見掛ける。
危険そうに見えるけど、本人は自覚してるのだろうか?

普通は危ないなぁで済むんだろう。
でも、最近は怒りっぽくなってるから、
その人を後ろから突き飛ばしたくなってしまう。

突き飛ばして実証してやりたいと考えているフシがある。
あなたのその階段でスマホを見ながら降りる行為は、
こんなにも重大な事故を引き起こすのですよと。

もちろん突き飛ばしたりはしない。
それは歩き階段スマホよりもはるかに重大な罪になる。


ニュースで見た話。
歩きスマホをしている人にワザとぶつかる人がいると。
決して良い行いではないが気持ちは分かる。

ホントは気持ちが分かると思ってはいけないのかもしれない。
やはりそれは健全な感情ではない。
気持ちが分かるとはどこかで容認してしまっているのかもしれない。


さて、何故歩きスマホしてる人を見かけると怒ってしまうのだろうか?
もちろん階段では危険をともなうので、危険行為への怒り。
普通の道でも歩く速度がおちてしまうので、後ろを歩くときの不満。
あと、マナーに反する行為を平気で行ってることへの不満。

でもそれだけでは突き飛ばすまでの気持ちにはならないだろう。
決定的なのは歩きスマホが無防備な行為であること。
つまり100%勝てる。反撃されることはない。

この無防備がヨコシマな感情を増幅させるのだろう。
弱い者いじめに通じるものがあるのかもしれない。


あぁ怖い怖い。
歩きスマホとはそんなに危険な行為だったのか。

自分も歩きスマホしないように気を付けるとともに、
突き飛ばしてしまわないように気をつけないと。
歩きスマホしてる人をあまり意識しない方かいいのかも。


禁酒初期のイライラの話のはずだったのに、
違う話になってしまった。

それだけ禁酒が順調だということにしておこう。


2022年禁酒VerⅢ4夜目通過。


line-s
10.02

禁酒3夜目通過。

足の裏のコリも治まってきた様子。
そう思ってるだけで実際はそうでもないのかもしれない。
でも、禁酒の効果がでているのだと思い込んでいる方が良いだろう。

たった3日で効果がでる訳がないのだが、何か嬉しい変化を期待してしまう。
我慢してがんばっている自分を褒めたいのだろう。
それは稚拙な感情だが、禁酒持続の一助になるのならそれもいいだろう。


10月1日は天一の日。
天下一品のラーメン一杯無料券が貰える日。
土曜日なので昼と夜食べに行くことにした。

近所の天一は直営店でおいしいとのウワサ。
そのため混んでいるかと思ったが直ぐに入店することができた。

昨年行ったときより進化していた。
注文はタッチパネルで、支払いも機械でセルフだった。
なんだか違和感がある。

お目当ての一杯無料券もスマホアプリのクーポンとして配布してた。
そこもなにか違和感がある。

来年は店員さんがロボットになっているのだろうか?
ラーメン屋さんはあまり近代化して欲しくないなぁ。


若い頃は平気で食べてたけど、
あのこってりはちょっとしんどかった。

年齢のせいなのか?
それとも酔ってないから味覚が違うのだろうか?


手に入れた一杯無料券。
否、無料権というべきか?そもそも手に入れたのか?
スマホに入れた一杯無料クーポンというのが正解なのだろうか?

その無料クーポン。
またしんどい思いをして食べるのは億劫だなぁ。


まぁ食べるのはもっと先の事だろう。
その頃には禁酒も終わっているのだろうか?



line-s
09.29

すっかりダメ人間になってしまった。

右足が足底腱膜炎になってしまった。
土踏まずにシコリのようなものが出来た。

普段は気にならないが朝一番で痛みがある。
悪化するともっと痛みがでるみたい。

ランニングなど足底に負担の加わる動作がいけないらしい。
なのでジョギングを控えていたら、
今度は左足が痛風になってしまった。

痛風は病院に行ったわけではないが経験上そうだろう。
前回と同じアキレス腱の部分だし。


10月のハーフマラソンも11月のフルマラソンも欠場するしかないだろう。
無理して出場しても悪化するだけだろう。
それに練習量が全然足りない。体力的にも無理だろう。


どうも足底腱膜炎も飲酒と無関係ではないみたい。
素人考えだけど。
飲酒で水分が足りなくなるので乳酸などが溜まりやすいらしい。

足底腱膜炎になる前も土踏まずがすごい筋肉痛だったし、
いまでも抑えると凝ってる感じがする。

この病気はステロイドを注射するという治療もあるが、
現時点ではそこまでもないらしい。
それにステロイドには抵抗がある。


とにかくなんとかしたい。
走らないマラソンに金を出すのはあほらしい。

で、また禁酒することにした。
期間はきめてないが、とにかく初日をクリアしたい。
一昨日も禁酒を決意して、ノンアルビールを買っていたのだが、
挫折してしまった。

やはり、ここで禁酒宣言をするのが一番効果があるようだ。
「今夜からの飲みません」
きっぱり明言した。なんとかがんばってみよう。

あと、もう一つ。
「値上げ前に酒を買い溜めしません」
こちらはまぁがんばらなくてもなんとかなるだろう。


あぁ、禁酒期間は足底腱膜炎が完治するまでにしてもいいなぁ。

とにかく初日が肝心。
なんとかしよう。





line
プロフィール

凡風

Author:凡風
小学生2児の父親(2014現在)
禁煙後のダイエットに励んでます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
訪問者
FC2ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
back-to-top